神楽町お店の歴史

増井弘海堂

明治~大正と弘法大使を信仰していた増井潤造が、漢方薬の店を営んだのが始まりです。
増井勇作が屋号を引き継ぎ、大正十三年(一九二四年)「おぼろ昆布」の製造販売の店を氣比神宮参道(現在の敦賀市神楽町一丁目)に開店。昭和二十年(一九四五年)、戦災で店舗・工場を焼失し、約二年間、敦賀市蓬莱町の仮店舗・仮工場で営業することとなるも、昭和二十二年( 一九四七年 )に元の地「神楽」(現在地)に店舗・工場を再建。「 おぼろ昆布」に加えて「とろろ昆布」にも力を入れていきました。本業の他にも氣比神宮の氏子であった勇作は、神宮のご奉仕にも熱心でした。

〒914-0063 福井県敦賀市神楽町1丁目1−12
電話: 0770-22-1051

天清酒万寿店

江戸中期から氣比神宮参道(現在地)で代々天屋清治郎(てんやせいじろう)を名乗り
貸本業を営んでおりました。天保初年(一八三〇年)頃の当主が酒まんじゅうの製法を伝授され、店名を屋号より一字、名より一字取り「 天清(てんせ)」と命名し、貸本業のかたわら酒まんじゅう屋を開業したと伝え聞いております。以後七代にわたり、酒粕や日本酒を加えない古法の自家仕込み酒種を使った酒まんじゅうの製法を大切に守り、敦賀の伝統銘菓「天清の酒万寿」として今日に至っております。時代の流れのなかで、今では敦賀で酒まんじゅうを作り続けているのは当店だけとなりました。

〒914-0063 福井県敦賀市神楽町1丁目4−9
電話: 0770-22-0296

奥井海生堂

明治四年(一八七一年)、初代・旧士族、奥井半吾が「御昆布司 奥井海生堂」を創業しました。北前船交易で栄える敦賀港に荷揚げされる昆布を取扱い、明治中期大本山永平寺御用達の御許可を賜りました。氣比神宮参道の神楽商店街に店舗を構え、当時としては珍しい木造三階建の建物で、多くの住み込み昆布職人を抱えながら、店頭や敦賀駅頭で手すきおぼろ昆布や昆布菓子、豆らくがんの販売を始めました。奥井海生堂ののれんを守り、令和三年に創業百五十年を迎えました。天然利尻昆布を専用蔵で寝かせ熟成させる「蔵囲昆布 」の伝統を今も守り続けています。

〒914-0063 福井県敦賀市神楽町1丁目4−10
電話: 0770-22-0385

小堀日之出堂

明治三十四年(一九〇一年)、初代、小堀利三郎が氣比神宮前絵に和菓子店を開店。県内洋菓子店の先駆けとして、和菓子職人を対象とした洋菓子の講習会の実施や、県内初のクリスマスケーキの販売、市内初のカフェ開業など、、、、地域の菓子製造販売業を牽引してきました。また、敦賀の夏の風物詩「水仙まんじゅう」の発祥店としては、現存する唯一の店です。他にも東浦みかんを使用した「敦賀ふわっせ」や、ユダヤの伝統銘菓と敦賀港のエピソードを掛け合わせた「絆・幸せのルガラー」など、敦賀の文化や歴史を、お菓子を通して発信しています。

PAGE TOP